2016年12月18日

やっと潜れました♪

天気  :はれ
海況  :良好
風向  :南西弱
波高  :ビーチ・0.5〜1m
ウネリ :なし
水温  :ボート・17〜18℃
透視度 :ビーチ・10〜15m
透明度 :ボート・15〜20m
記入者 :あき目

風はやみ、海はすっかり回復♪ 海況良好です!!
きょうからは連日穏やかな海が期待できそうですよぉ

私とヤスベさんはショップさんがボートダイビングに行かれるのでちゃっかりマイカメラをもってチェックダイブをしてきました。
西側調査隊のやすべさんと東側調査隊の私、さてどっちに軍配が上がったのでしょうか?
上がってくるなり「俺は1枚も写真を撮らなかったと」がっくりモードのやすべさん
「スーパースターはいなかったけど撮るものに困らなかったよ〜」と私!
ということで〜東側調査隊の圧勝でした。
見られたウミウシは
ハナイロウミウシyg、セトイロウミウシ、ミアミラウミウシ、キイロウミコチョウ各所、ムラサキウミコチョウ各所、サメジマオトメウミウシ、フタスジミノウミウシ、ニセハクセンミノウミウシ、アオウミウシは大爆発中!
水温が18℃を切ってきたので、ついにウミウシたちが動き始めましたよ〜揺れるハート
まだまだ小さい子が多いですが、イロ系ウミウシがぐぐぐ〜んと増えた気がします。グッド(上向き矢印)
今後に期待してください。

ビーチに入っていたショップさんからは
ホソフウライウオ、トビエイ、ツバメウオなどもいたよーとうれしい情報もいただきました。

海に入れさえすれば生物が多くて楽しいのですが、なかなかそうはいかないのが冬の天候・・・
ご予約は直前でも構いませんので、いい海を狙いすまして(笑)ぜひお越しください!

★それではきょうも2016総集編の「ウミウシ特集」第2弾★
「2016・今シーズンの特徴的なウミウシたち」 <byタカハシ>


☆ 春先から〜、いつもはほとんど見ることのない
ウロコウミウシの仲間が各所で登場〜!!
 

0131kanokouroko yano.jpg
カノコウロコウミウシ 写真提供:矢野さま

0406sukasiuroko1 taka.jpg
見つけたときは「なにっ??」と感動もなく・・(笑)
伊豆ではまず出ることのない スカシウロコウミウシ <p.taka>


0201amimeuroko kiyama2.jpg
こちらもウミウシと認識するまで「??生物」・・
アミメウロコウミウシ 写真提供:木山オクさま


☆ ここ数年、見つかることが多くなった
ほとんど名前のついていない ロマノータス科の仲間たち

0324romanotasuzoku  nakamura.jpg
ロマノータス属の1種 写真提供:中村(法)さま

0110romanotasuzoku yano-1.jpg
ロマノータス属の1種 写真提供:矢野さま

☆ 今シーズンは大爆発の雰囲気でした(^^♪
フジタウミウシ科の仲間、「リュウグウウミウシ」たち

1106tosakaryuuguu.yg yano.jpg
このプチプチ感♪ 大人気でした! 
トサカリュウグウウミウシ幼体 写真提供:矢野さま


1019aominoumiushika1  mori.JPG
どんなに大きくても7〜8ミリ! こちらも各所で・・
クロスジリュウグウウミウシ亜科の1種 写真提供:森(秀)さま


☆ いつもは見ないのに、今シーズンは特に多かったウミウシたち
1129madarairo mori.JPG
ミリサイズばかりでしたが、今シーズンはかなり多かった種のひとつ
マダライロウミウシの子供たち 写真提供:森(秀)さま


091416osyoromino suwa1.jpg
「カマガ根」各所のウミヒドラにポツポツ。。
オショロミノウミウシ属の仲間 写真提供:諏訪さま


<あすからの海況>
風はほとんどなく、穏やかな海が20日(火)頃まで続きそうです
★変わりやすい予報と海況です、直前の確認をお願いいたします
posted by サンセットリゾートダイブセンター at 15:55| 浮島最新LOG