2016年03月09日

レアキャラ続々

天気  :くもり⇒雨
海況  :エントリーOK
風向  :北東
波高  :ビーチ・0.5〜m
ウネリ :少し
水温  :ボート・16〜℃
透視度 :ビーチ・10〜15m
透明度 :ボート・12〜20m
記入者 :あき目

朝はビーチに少しウネリが残っていましたが
本日はボートダイビングなのでまったく問題なし。
ウシラーさんとノンビリ2ダイブしてきました。
相変わらず透明度はものすごくよくて20mオーバー
根の全体を見渡せるほどです。

そうそう!先日から急に水面付近にカブトクラゲが増えました。
気になったので辞典で調べてみると・・・
【カブトクラゲは体が柔らかいために海がしけると体がくずれるので,波の高いときは深く沈み,穏やかになると海の表面近くにあがってくる。】 とのこと
なるほど〜。おだやかになった証拠ですね。

そして今日は安全停止中に大きなアカクラゲにも遭遇。
触手をあわせると全長が5mぐらいもあり不気味。
しかも刺されたらかなり大変なことになるので「こっちにくるな〜」と念じながらにらんでいたら方向を変えて去ったので一安心。がく〜(落胆した顔)
みなさんも安全停止中は気を抜かずによ〜く周りを見ましょうね!

カマガ根の水底はまだ若干揺れが残っていてウミウシは引っ込み気味でしたが、
写真は問題なく撮れるレベルでした。
雨のせいで暗かったからかガイドの二人は「イソギンテャクかな〜???モード」に突入。
ウミウシがイソギンチャクに見えたり、イソギンチャクがウミウシに見えたり(笑)
でも結果はレアモノ続々という嬉しい結果になりました。
何でも疑ってかかるものですね〜わーい(嬉しい顔)

さて見られたウミウシです。
ハナビラミノウミウシyg、コヤナギウミウシ属の一種、シラユキウミウシ、ドーリス科の仲間、アオボシミドリガイ、ユビウミウシ属の一種、サガミリュウグウウミウシ、ヒブサミノウミウシ、シロイバラウミウシ、コトヒメウミウシ、ミドリアマモたくさん、テントウウミウシたくさん、オトメウミウシ、ニシキウミウシ、アカエラミノウミウシyg、ヒロウミウシyg、シラユキウミウシ、ウスイロウミウシ、ミアミラウミウシ、ゾウアメフラシ、クロヘリアメフラシ、コイボウミウシ、キイロイイボウミウシ、コモンウミウシ、アオウミウシ、サラサウミウシなどなど

本日の写真は【中村(法)様】からお借りいたしました。カメラ
ありがとうございまするんるん

0309hanabiramino.yg nakamura.jpg
ハナビラミノウミウシ
ホント久しぶりで、こんな小さい子はサンセット初です。
これがイソギンチャクに見えたシリーズその@です

0309koyanagizoku nakamura.jpg
コヤナギウミウシ属の一種
ものすごくかわいく撮っていただきました。
これがイソギンチャクに見えたシリーズそのAです

0309dooriska nakamura.jpg
ドーリス科の仲間
種を調べていますが今のところ不明なんです。
色は地味目ですがボーボーしていてかわいいですね。

0309miamira nakamura.jpg
ミアミラウミウシ
最近ブイの周りでよく見られています。
かなり巨大で15cmぐらいあります

0309zouamefurasi nakamura.jpg
ゾウアメフラシ
アメフラシらしくない、キレイな色合いと模様が素敵。
あまりのキレイさに撮り直しに行ったほどです。

<明日からの海況>
10日(木)・11日(金):低気圧通過の影響で荒れもようの海況に
 残念ながら「クローズ」の可能性大です


12日(土)・13日(日):風向きも良好で海況は回復!!
 おだやかな海がもどって「ダイビング日和」となりそうでするんるん


★季節がら変わりやすい予報と海況です
お出かけ前に直前のお問い合わせをお願いいたします
電話
posted by サンセットリゾートダイブセンター at 15:31| 浮島最新LOG