2017年01月08日

にぎやかな週末となりました。

天気  :くもり⇒雨
海況  :ベタナギ良好
風向  :北東
波高  :ビーチ・0.3m
ウネリ :なし
水温  :ボート・17.5〜℃
透視度 :ビーチ・10〜15m
透明度 :ボート・18〜20m
記入者 :あき目

きょうも朝から穏やかな海となりました。
昼から雨もようですが、海の中は快適・良好〜、湖のような浮島です。
水中も全く揺れず、いつもゆれゆれの根頭も全然余裕で写真が撮れるほどで、まあ珍しい!!!
しかも水温が18℃近くまで急上昇グッド(上向き矢印)
昨日は16℃を下回っていたので、すごく温かい気がしました。
こんないいコンディションを狙いすましたかのようにいらしたゲストさんは全員ウシラーさん。
にぎやかに潜ってきましたよ〜。るんるん

土日も冬場ならば比較的ゲストさんも少な目なので、じっくり写真が撮れますよ♪
本日のゲストさんもお正月に海外でダイビングをしたけれど、人が多く落ち着いて撮れなくて消化不良気味・・・バッド(下向き矢印)
ここぞとばかりに思う存分、好きなだけ撮っていただいたので大満足でお腹いっぱい!
スッキリしたそうで何よりでした。グッド(上向き矢印)

見られたウミウシです。
ツマベニミノウミウシ、ジョウオウミノウミウシ、エンジイロウミウシyg、ボブサンウミウシ×2、ハレギミノウミウシいっぱい、ミレニアムマツカサウミウシ、フトガヤミノウミウシ、シロミノウミウシ、(仮称)ワライボヤマツカサウミウシ、ニシキウミウシ、サメジマオトメウミウシ、ユビノハナガサウミウシ、ヒブサミノウミウシ、キイロウミコチョウたくさん、リュウモンイロウミウシ、ヨツスジミノウミウシ科の一種、ネアカミノウミウシ、ニセハクセンミノウミウシ、オトメウミウシ、シラユキウミウシ、ミアミラウミウシ、アカボシウミウシ、マツカサウミウシ、イガグリウミウシ、ミチヨミノウミウシ、コミドリリュウグウウミウシ、スイートジェリーミドリガイ、サガミリュウグウウミウシ、ハクテンミノウミウシ、サキシマミノウミウシ、セスジミノウミウシ、ムラサキウミコチョウ、アオウミウシ、シロウミウシ、ヒロウミウシ、サラサウミウシ、コイボウミウシ、フリエリイボウミウシ、キイロイボウミウシ、テントウウミウシ。などなど

2ボートしただけですが約40種ほど見ることができました

かわいい昨日のナイトダイビングのご報告。

昨夜は旅館でのご飯の時間が迫っていたのでのでエキジット時間が決まっていて、なかなか厳しいダイビングになるかと思いましたが・・・(ウミウシナイトダイビングでは遅い時間の方がウミウシ遭遇率がUPするんです。)
そこはやすべさん、たくさんお見せすることができたようです。手(チョキ)
見られたウミウシはタマガワコヤナギウミウシ、コヤナギウミウシ属の一種たくさん(SRDではモフモフ君と呼ばれています)、サンシキウミウシ、コノハミドリガイ、トウヨウモウミウシ(SRDではスーパーサイアジンと呼ばれています)ドーリス科の仲間、ニシキリュウグウウミウシ属の一種、ヒメマダラウミウシ、ヤマトワグシウミウシ、ミノウミウシ、セスジミノウミウシ、ムカデミノウミウシ、スミゾメミノウミウシ、クロスジアメフラシ、クロヘリアメフラシなどなど。

ナイトは潜水時間70分ほどで約15種ほど見ることができました。
日中はなかなか見ることができない子が続出!ぜひウミウシナイト&ウミウシナイトSPをお試しください。

「PADIウミウシナイトSP」はウミウシナイトダイビングを最高にたのしむためのスペシャルティーです。
ウミウシナイトダイビングはチョットしたコツで10倍100倍も楽しくなります。わーい(嬉しい顔)
ご興味のある方はスタッフまで。

<あすの海況>
9日(月・祝):低気圧通過の直後で西よりの風予報
ウネリと風が強まるかも・・、あさの海況確認をお願いします
posted by サンセットリゾートダイブセンター at 17:07| 浮島最新LOG